おみくじで運勢を占おう

神社のおみくじ、由来と歴史

皆さんも神社に行くとよくおみくじを引いたりしませんか。
これだけ科学の発達した現在ですが、それとは別に神社におまいりに行った時にはおみくじが大変気になるものです。
おみくじは、お御籤、お仏籤、御神籤、御御籤とも書き、古くは鎌倉時代の頃から行われるようになったといわれていますが、吉凶を占うために神社仏閣で引くクジのことで、尊敬の接頭辞をつけてみくじとされています、ですからおみくじという呼び方はそれを更に丁寧にして呼んでいるわけです。
おみくじを引く方法は神社によっていろいろですが、一番代表的なのは、細い棒を引くタイプでしょう。
あの細い棒を引く6角柱や円柱の箱は御神籤箱と呼ばれるもので、一般的には丁度両手で握れる程度の大きさですが、場所によってはこれがとても大きくて抱えられない位のこともあります。
噂では熊野那智神社の御神籤箱が日本一大きいということでテレビで紹介されていたことがあります。
御神籤箱を振って小さな穴から出てくるのが細い棒で、棒に書かれた番号に該当するものを引きだしから取ってもらいます。
神社によっては、折り畳まれた状態で入った箱の中から参詣者が選ぶ場合もあります。
おみくじには、運勢の概要として大吉、中吉、小吉、吉、凶、などが書かれています。
細かくこれを分けている神社もあって、その場合には「大大吉」や「大大凶」も入っています。
それ以外には、仕事、学業、健康、金運、待ち人などについて書かれているのが一般的で、特に新年のお参りでは神社の参拝客の多くが引くものです。
このおみくじは読み終わった後で境内の木の枝に結ぶという習慣も多くの場所で浸透しています。
これは、「結ぶ」という動作が「縁を結ぶ」ということに通ずるということで、江戸時代あたりから行われ始めたようです。
これはイメージが現在でもぴったり合うためか当時よりも流行っている位で、凶のおみくじの場合は、自分の利き腕ではない腕でおみくじを結べばその困難に打ち勝つ修行とみなされて、凶は吉に転じるともされています。
参拝客の多い神社では、木の枝が見えなくなる位にたくさんのおみくじが結ばれ、これでは木の生育が悪化してしまうというので、木と木の間に縄を張り、そこを結び専用としている所も結構あります。
おみくじで一番気になるのは、吉凶の出る比率ということになりますが、これはそれぞれの神社仏閣によってまちまちとなっていますが、近年では全体的に凶の比率を減らす傾向にあるようです。

さて来年は何処の神社に新年の運勢を占いに行きますか。

関連リンク、お役立ちリンク

リフタージュならプロテオグリカン配合
リフタージュの購入ならこちら。期待の美容成分プロテオグリカンとコラーゲンを配合した、年齢美容ドリンクです。毎日のハリのために、リフタージュでのケアを始めてみませんか?

お役立ちサイト、関連サイトの紹介です。

過払い金の返還請求、計算と診断、そして相談
過払い金の返還請求をしようと思っている方にオススメの相談所紹介です。過払い金の診断や計算、そして相談なら、専門家へ無料相談してはいかがでしょう?

お役立ちサイト・関連サイト紹介です。